MENU

お腹まわりのダイエットで食事は「制限」から「管理」へ

 

ダイエットと聞いてまず思い浮かべるのは、食事制限で1回の食事の量や、1日の食事の回数を減らすことです。カロリー摂取をコントロールして、ピンポイントでお腹痩せを達成させようとする方もいます。

 

しかし、お腹まわりをスッキリさせることを中心にダイエットを考えているのであれば、食事を減らす方法はリスクが大きく、望むような結果が得られにくいと言われています。それはなぜでしょうか?

 

食事を制限するダイエットを実践した場合、お腹まわりを少しはほっそりとさせられるでしょう。しかし、食事制限だけに頼ると、お腹以外の部分も均等に、あるいは、お腹よりも痩せてしまうので、結果的にお腹だけが痩せているようには見えないのが普通です。何より、無理な食事制限は体全体にかける負担が大きすぎます。

 

お腹は、内蔵を包み込み、守る役目を背負っているため、本能的に、常に大きくなろうという力が加わっています。食事を抜いても、お腹だけ小さくする作用は期待できません。体中からまんべんなく脂肪を燃焼させるからです。お腹まわりの脂肪だけを燃焼させるのは不可能です。

 

こんなことを継続していたら、全身がやせ衰えて、飢餓に苦しむ子供のように、栄養失調でお腹だけが目立つまでに張り出してしまう可能性もあるようです。食べ過ぎはダイエットにも、体のためにもよくありません。食事は規則正しく、毎食、適当な量を摂取して、体が必要とする栄養は確実に取りましょう。その結果、新陳代謝が盛んになり、ダイエットに適した体質になれることでしょう。

 

どんどん大きくなりたいというのがお腹の本能です。あなたの内臓を守ろうとする、お腹の使命感を少し小さくなるように、巧みに誘導することでお腹のダイエットは、自然に無意識のうちに達成されていきます。

 

どのような方法のダイエットでも、代謝をアップさせれば、飛躍的に効率を高めることが期待できます。逆に、カロリーの摂取を制限した状態で、代謝が低下してしまうと、今度は自己防衛本能で、体は脂肪をどんどん蓄えていきます。筋肉は落ち、脂肪は増えます。一見すると細く見えてしまう「隠れ肥満」体質の出来上がりです。

 

代謝を上げるのに必要なのは筋肉です。ただし、マッチョなボディービルダーのような筋肉は不要です。筋肉を増やすよりも、代謝を上げるように筋肉を活性化させる、軽度のウエイトトレーニングは最適です。運動や呼吸法を上手に活用することも取り入れて、代謝に注目してお腹ダイエットに取り組むと効果的でしょう。

 

意外?と思われる方も多いと思う情報です。骨盤の歪みが、お腹まわりが太る理由のひとつにあげられていることです。骨盤がずれたり、ゆがみ(歪という場合もあります)が生じた結果、血液のスムーズな流れが阻害され、新陳代謝が悪くなります。この血流の停滞が、あなたの体質に悪影響を及ぼし、ダイエットに適さない身体の構造に変化させてしまうと言われているのです。

 

スムーズにダイエットを行って、ウエストをスッキリと細くしたいのなら、骨盤にも充分な注意をはらう必要があるようです。ウォーキングなどの軽いエクササイズでも改善されるようです。

 

このページの先頭へ